自殺者の軽蔑すべき絶望って何だ

 最近、有名な若い女性アナウンサーが自殺したとかで、ネット上にそれに対する意見なり感想なりが多く見受けられるようになっている。と言っても、一部他殺説等もあるようで事件自体まだよく分からないところもあるのだが、一般的には自殺だと思われている。
 様々な書き込みを眺めていて引っかかるのは、この自殺者の絶望というものを闇雲に軽蔑しようとする人々が存在することだ。つまり、どんな辛いことがあったか知らないが、世の中にはもっと辛い思いをしながらも必死に生きている人が多くいるに違いなく、「軽々しく」絶望するのは軽蔑されるべきことだという論旨。
 自殺したのがどちらかと言えば社会的に恵まれていると思われる元東京キーTV局のアナウンサーということで、あの書き込み者達は自己がやっかむ分野にのみ囚われて、人が様々な理由で自殺しうるということを忘れてしまっているのではないかと思うのだが。何もかも恵まれているのに自殺するなんて本人の考え方がどこかおかしいに違いない、というわけだ。仮に庶民の常識から見れば浮ついていると思えるような理由で自死を選んだのだとしても、当人が身をおく環境にあってみれば現に抜き差しならない状況だったのかもしれない。あるいは感情の落差ということもあるだろう。高所から平地に落ちれば怪我をする。平地に居続けている者は無論なんともあるはずがない。
 軽蔑すべき絶望など存在しないように私は思う。例えば当人が物事のネガティヴな側面にばかり注目して絶望していることは、ただ鬱病の発症によってそうなっているのかもしれない。あるいは、それが無知や勘違いによってもたらされた絶望だとしても、それらが自殺との関係において捉えられる時は軽蔑しても意味がない。人格に著しい偏りがあるような場合も、別にその人物を好きになる必要はないわけで、絶望していることそれ自体は軽蔑すべきではない。
 容易に共感できないからといって、その絶望が絶望でないわけではない。

| コメント(0) | トラックバック(1) |  

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/22

 先月末の元TBSアナウンサー川田亜子さんの「自殺」に関してネットのイエロージャ... 続きを読む

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja