刑法の入門書を読み終える

『刑法 第5版』 板倉 宏
 分かり易い表現による丁寧な解説の刑法入門書で、かなりお勧めです。このところずっとこれを読み続けていました。より深い議論は個別の専門書に譲るとしても、法学初心者が最初に刑法を学ぶ場合に特別な知識を前提としなくても地道に読んでいけば刑法全体の枠組みを一通り理解できるようになる本だと思います。
 これまで読んできた幾つかの法学の本と違い、冗語の蔓延やでたらめに打たれた句読点、修飾語と被修飾語の摩訶不思議な位置関係等にも苦しめられることなく、そのまま普通の日本語として読むことが出来る本でした。当たり前ですが、日本語が不自由でない法学者もいるのですね。良書。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja