ふしぎ・うっとり

 もとより、人は健常であってすら十全な現実検討能力を持ち得ない存在であるかもしれないが、メンタルに異状をきたした人などは、一時的な逸脱に加えて逸脱した後の補正能力の弱さも著しいなどとも言われる。ある意味で、現実検討能力の欠如のありかたのバラエティの上にさまざまな精神疾患(や個性)があるとも言えるのかもしれないが、やはりナルシシストの現実検討能力の毀損ぐあいというのは神秘的というか、なんとも言えない独特なものがある。
 ナルシシストがその情緒において語ることというのは、冷静な第三者が聞くと、たいていしょうもないか支離滅裂なものでしかない。彼らは、身体的・社会的な力関係や様々な原因から生ずる誤解により、盲目的に肯定してくれる他者(弱者)に依存して自己の誇大なファンタジーを保とうとするわけだが、私がかねてより不思議だと思うのは『なぜ彼らはそういう自ら設定している循環自体の虚構性に気付けないのか?』ということなのである。もし分かった上でだと言うなら、『なぜそのままに見え透いているはずのファンタジーに没入し続けられるのか?』ということなのである。何より、そういう制約的な状況に依存したり、人間関係等を囲い込んでいるのは彼ら自身なのである。
 確かに、ナルシシストは「自己」が肥大するにつれて自意識が薄らぎ、どうしても自己自身を客観的に見ることができなくなっていると説明できなくもないのかもしれないが、自分自身が特定の条件に依存しているという事実すら知覚できなくなっているほどではないはずだ。自ら種明かしを知りつつそのフィクションに耽溺し続ける光景は、やはり、そこそこ異様であり、安易な共感を許さない面がある。無理にたとえるなら、誇大感をくすぐる娯楽にどこまでも執着するような感じであるのだろうか?いや、しかし...、もっと根底からの虚実混同とそれによる快感が彼らのファンタジーを持続させる防御壁になっているような気がするのだ。そこがよく分からない。
 ナルシシストはいつまでも目覚めない。その点において、彼らの現実検討能力が恒常的にうまく機能していない可能性が低くないと思われるわけだが、一般論として以上に、興味深いところだ...。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/169

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja