4月20日に近所の図書館で借りた本

『世界の名著 7 プラトン 2』
『般若心経』 金岡 秀友
『ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経』
『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』 リリー・フランキー

 解説本の「般若心経」は借りた当日にざっと読み終え、今は「プラトン」内の「国家」と「ブッダ最後の旅」を同時並行で読んでいる。「東京タワー~」を借りたのは、ジュンク堂で見かけてある行で鼻白み、お涙頂戴と言うか下劣な幇間根性と言うか、とにかく禍々しい印象を持ち逆に読んでみたくなったから。
 般若はアプリオリな根本知のようなものか。「不~」「無~」という否定を多用する文章構成であり、二重否定や三重否定の表現もまま見られる。『少なくとも~ではない』と縦横に言い並べる時、では何なのかという問いは読む者の側に投げ返されている。言葉と意味の甘い海に溺れていないで、生きるべき無名の陸に上がること。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja