Otto F. Kernberg による「現実検討能力」の定義

1)自己と非自己を区別する
2)知覚と刺激の外的起源と内的起源を区別する
3)自己自身の情緒と行動と思考内容を普通の社会的規範から現実的に評価する

<カーンバーグ「内的世界と外的現実」(文化書房博文社)p20より>

| コメント(0) | トラックバック(1) |  

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/43

・『児童虐待―現場からの提言』 川崎 二三彦  よくある「しつけと虐待の境界線は... 続きを読む

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja