踊り出す芸人たち

 芸人等のチャリティーイベントがただの売名や便乗商法でありえないのは、チャリティー対象の禍害が世間に周知されていないか周知されても無関心な場合だけだ。今回の震災は徹底的に周知され且つ非常に高い関心を呼んでいるので、芸人側がごまかせる余地が極めて少ない。例えば、元々自発的に寄付するつもりの人々をイベントに集めてそれらの金を一塊にしたところでマクロ的な募金額の増加には寄与しない。単に彼らの寄付の実行に伴って時宜に適わぬお祭りをしているだけということになる。現状ではチャリティーイベントをやってもそれに近いだろう。
 今は単純に募金を催促するだけのようなやりかたが最も反発を生まないと思う。オークションやライブコンサート等に絡ませると、それら物品や娯楽などの見返りがない形での(本来的な)寄付を拒絶した痕跡のようにもなり、金が汚れる。
 自粛ムードでシュリンクする経済活動の活性化に僅かながらでも寄与するという考えもあるかもしれないが、それなら敢えて通常の営利舞台をやればいいだけだ。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja