函谷鉾の渡り廊下

CIMG1407.jpg 気が付いたら今年も宵山だが、祇園祭のような伝統行事は既視感が強く、過去のいつかにタイムスリップしたような感じにならなくもない。また一方で一年という時間が瞬時に経過したような、一種の恐怖を与えもする。それらを含めての祭りなのだろう。
 私も、この一年というわけではないが、多少は成長したというか、むしろ耐性がついたと表現すべきなのかもしれないが、時の流れというのも不思議なことだ...。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/172

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja