行く秋

 11日にサーバの更新費を払ったのでまた1年このサーバを維持することになる。まぁ、事前に申し立てなければ自動更新なんだけれども。しかし、ネット環境が根本的に変わらない限り基本ずっとこのままで行くのかもしれないなぁ。

 IE11の互換表示設定でMT4(このブログのプラットフォーム)が復活の様相。ダッシュボードが問題なく動作するようになってる気がする。IE10の互換表示ではうまく行ってなかったはずだが。うれしい誤算かもしれない。

 昨今「意欲」について考えたりするが、よく分からない。なんとなく。


 コフートの「水平・垂直分割」理論には一定の説得力があるとは思うのだけど、やはりよく言われるように、コフートの患者たちは軽度の精神障害者に偏っている気がする。一部については、ほとんど精神障害者と呼ぶべきではないくらいかもしれない。
 しかしだからといって、コフートの著作が面白くないわけではまたないのだが...。
 「水平分割」は母親からの不健全な拒絶の痕跡を、また「垂直分割」は母親からの不健全な肯定の痕跡を示すが、コフートは、そのような悪性の「分割」を基本的に人間的成長や変容性内在化によって乗り越えられるものだと前提することで、彼の(仮説的)理論を構築している。母親からの蒼古的な拒絶を癒やして削がれていた野心を蘇生し(対水平分割)、母親からの過剰な容喙が遠ざけた理想化された父親イマーゴの獲得をやりなおすことで(対垂直分割)、長らく手前で堰き止められ涸れていた水力発電ダムに水を戻すように、本来の機能を回復させようというわけである。
 水平分割は、幼いころの欲求不満の累積みたいなものにより生じ、これは旧来のフロイト的「抑圧」とほとんど同じようなものだとしても、それ自体としてやすやすと克服できるケースばかりとも思われない。「抑圧」が、それとして多様性と重篤さの幅を持つものであることはいまさら述べるまでもないことだからだ。
 垂直分割は、幼いころの理想像として父親が機能しなかったため、母親が子にこうなって欲しいとあくまで自分勝手に願うイメージの押し付け(やおだて)に子がとらわれ、自分自身の人生のための現実的な着地点を見いだせずにいる状態だ。これもなんだか思春期辺りに「よくある話」かもしれない。母親にかぎらず親が子に過剰な期待や偏った目標を押し付け、思春期の子が迷惑がるのは、かなりよくある光景ではないだろうか。確かに大人になってからでも、反抗期をやり直すような感じで、自己に侵食している親の歪んだ意志を排出して自分の人生のための適正な目標を見つけられる場合はあるかもしれない。しかし、そんな人は元から重篤な損傷を負っていない気がする。
 親からの自己愛転移の犠牲になった個人が、分割を取り払う補助をする「共感者(≒治療者)」の現れ程度で回復できたとしたら、、それはむしろ彼の軽症を表すものかもしれない。またコフートの分割理論の、普遍性ではなく、凡庸さや表層性を示すものかもしれない。
 ただ、フォローするわけではないが、概念の簡略化に価値がないとは思わない。そういう意味で、社会性をもたらす父親、自己愛をもたらす母親、みたいなシンプルで大枠の捉え方は時に基本に立ち返る感じでそれとして悪くはない。あとコフートの患者はわりとお金持ちというか社会的には一定の成功を収めた人も少なくないらしいが(作家でサディストのM氏はコフートの治療を通してそれまで迷っていたライティングの学校を自ら設立することを決意したりする)、そのせいなのかどうか、コフートの態度は対人的にも理論的にも謙虚で偉ぶるところがない。「精神科医は患者に天啓を与える」などと高言していたラカンとはかなり対照的である。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/177

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja