急がば回れ

 個人的にはめっきりネットの生放送を観なくなっているのだが、ネットのトラフィックを調査をしているsimilarweb.comのニコ生の統計を見ると、まったくの横ばいみたい。人が減ってる説は嘘かなぁ。

 フロイトは発達段階のモデルのなかでサディズムという語を大きく二回使っていると思う。ひとつは口唇期サディズムでもうひとつは肛門期サディズムだ。大人の性倒錯としての起源はどちらかと言うと肛門期サディズムにあるとされるかもしれない。口唇期サディズムの方は幼く反射的に過ぎて、支配―被支配の政治的側面がない。マゾヒズムはフロイト的には自己へ向かうサディズムとして捉えられ、大本でサディズムに統合される。
 私がフロイトの説明を信じているということでは必ずしもないが。

 私はどこか唯美主義的なところがあり、たぶんこれは色んな意味でよくない傾向だと自分で分かっているのだが、分かっていてもなおらない。芸能人の外見の美醜について点数をつけあうようなことを子供の頃だれでもするかもしれないが、私の与える数字だけがすべて異様に低くその場の雰囲気を壊したのを覚えている。

 焦っている人に「焦るな」とアドバイスするのはどの程度効果があることなのだろう。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://purplebaby.opal.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/196

コメントする

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja