2015年6月アーカイブ

linux_mint.jpg 自作サイトの中継サーバが不安定なので、昨今いろいろ模索しているのだが、サーバが自分で立てられればそれにこしたことはないみたいなことはあるわけで、しかしそうするにはそれなりにいくつかハードルがありそうなので、とりあえず代表的なサーバ用OSであるLINUXをインストールしてみようということで、デザイン的な好みと軽さで選んだLinux Mintのisoデータをダウンロードしてそれを焼いたDVD-RWから、対象Windows7機のBIOS設定変更によってDVDブートし、午後3時ころに寺町で買ってきておいたSDカードにたいして、USBカードリーダーを介するかたちで、Linux Mintを無事インストールすることができた。
 インストールが作業冒頭のパーティション作成でやや面食らうこと以外はほぼ一本道であり、一般的に必要とされる基本的なソフトウェアがだいたいはプリインストールされている。また、Windows7のファイルがすべてアクセス可能であり(文書でも画像でもミント側から開ける)、Windows10ではデフォルトでは観られないとされる映画DVDも観られるようだ。
 ここまでの主なハードルとしてはそんなになかったのだが、あえてあげれば日本語入力に例えばIBusという入力メソッドプログラムが必要でそれがあらかじめセッティングされていないために、メニューのLanguagesから言語パックみたいなファイルともども揃えてやらねばならないということ。もうひとつはデスクトップのキャプチャにPrintScreenキーが使えないみたい(?)でGIMPというデフォルト画像編集ソフトの機能を利用する形でキャプらなければならなかったこと、くらいかな。
 幸運なことに手持ちの複合プリンターのLINUX用ドライバがあった。スキャナまでちゃんと使える。そういえばネットワーク関連とかグラフィック関連等であれこれドライバないとか全然言われなかった。
 小一時間でここまでたどり着けたのは、それなりに順調だったということではないかと思う。
 Windows10がどういうものか分からないけど、Linux Mintかなり気に入ってる。完成度高い。これも無料なわけだが、どうやって採算をとってるのか極めて不思議。やや大きめのUSBメモリとかあれば既存のOSにたいしてまったく無傷でインストール(動作確認)できます。
 ただ、私はOSの品評をしたい訳ではないのでありまして、後日これにapacheでも入れてみるかなぁ。
 あとノートの方に入れられるかどうかも大事だな。


【追記:2015/07/08】
 PrintScreen利いていた。というか、キーを押すだけでファイル化してくれるのでWindowsより優れているくらいだ。どこに保存されているのかわからないから戸惑っただけなのであった。
 ノートPCにミント入れてapacheも入れて、無駄に遠回りしてモジュール群もなんとか入れて、CGIが動作するまで持ってきている。だが色々あって前途は半開き。しかしリーダーのランプ点きっぱなしで書き込み回数がどんどんかさなっていくが、SDカードってどれくらいもつんだろう。もともとこういう使い方には向かない気はするが。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 Windows10の発表が近いようで、各Windows端末にアップグレードの予約を促す広告が配布されている。私のノートPC(Win7機)はドライバの不適合がふたつもあったので早々に予約プログラムのKB3035583をアンインストールしてしまったけど、不適合ゼロだったデスクトップPC(Win7機)の方についてはそのまま残し様子見している。
 アップグレードするかどうかの決定については、発表から一年間の猶予が与えられるようなので、ゆっくり情報を集めてからでも遅くはないというわけで、参考になりそうな記事等をこのエントリーに追記してゆく。

 とりあえずギズモード・ジャパンの記事ふたつ。

・Windows 10の注目すべき4大ポイントが明らかに (2015.05.01 07:00)
http://www.gizmodo.jp/2015/05/windows_104.html
1. スタートメニューがすばらしい
2. ロック画面が進化を遂げた
3. デスクトップのCortanaが使いやすい
4. 新しいブラウザ「Microsoft Edge」の出来栄えは?


・移行できる? Windows 10で消える7機能が判明 (2015.06.08 10:00)
http://www.gizmodo.jp/2015/06/_windows_107.html
1. Windows Media Centerが削除される
2. DVD再生には専用ソフトウェアが必要になる
3. Windows 7のデスクトップガジェットは削除される
4. Windows Updateの調整ができなくなる
5. Windows 7にプリインストールされていたゲームは削除される
6. USBフロッピードライブがデフォルトではサポートされない
7. Windows Live EssentialsのOneDriveは削除される

 Win7からだとDVDの再生がデフォルトではできなくなるのが要注意かもしれない。


【追記:2015/06/10】
・Windows 10 の FAQ とヒント - マイクロソフト (公式ページ)
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-faq (Googleキャッシュ)


【追記2:2015/06/28】
・Windows 10に無料アップグレードしたデバイスは、いつでも無料でクリーンインストールが可能になる
http://it.srad.jp/story/15/06/06/084227/

・Microsoft、Windows 10正規版についての混乱を謝罪・説明
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/23/news069.html

・Windows 10"完全無料"騒動とは何だったのか?――やはりWindows XP/Vistaは対象外
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1506/25/news076.html

・米MS、Windows 10で採用の新ブラウザ「Microsoft Edge」のデモサイトを開設、ソースコードはGitHubで公開
http://codezine.jp/article/detail/8791

・1カ月後に迫ったWindows 10をおさらい! 対象パソコンは"予約"も可能
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150624/1065344/?rt=nocnt


【追記3:2015/07/26】
 今日ノートPCの方で再度Windows10適合チェックをしてみたら、あったはずの2項目のドライバの不適合がなくなっていた。あれからマイクロソフトのチームが頑張ってドライバを用意してくれたということだろうか?しかし私のノートPC(64bit)はメモリが2GBでギリギリな上に更にビデオカード用に少し取られてるので、実質的には最低システム要件を下回っている可能性がある。一度Windows10にすると後戻りできないらしいので慎重に考えたい(インストールから1ヵ月間は、旧OSへのダウングレードが可能の情報あり)。


【追記4:2015/07/29】
・Reinstalling Windows 10 after upgrade
http://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-win_upgrade/reinstalling-windows-10-after-upgrade/578d0b7f-57e4-4893-b9d1-6cfac0d6290a

Q: What happens if I change the hardware configuration of my Windows 10 device?

A: If the hardware configuration of your Windows 10 device changes significantly (e.g. motherboard change) Windows may require re-activation on the device. This is the same experience as prior versions of Windows (e.g. Windows 7 and Windows 8.1). The free upgrade offer will not apply to activation of Windows 10 in such scenarios where hardware changes reset Activation.

・Windows 10にしても"回復ドライブ"さえあれば以前のOSに戻せます
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/359/359605/

・Windows 10 Enterprise(90日評価版)
https://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dn781239.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

・Windows 10 のダウンロード
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

2015-07-29.png 上記リンクからマイクロソフト謹製のWindows10ダウンローダーを落として、手持ちのUSBメモリにインストールメディアを作成している。isoファイルとしても落とせるようなので次の作業でisoをDVD-Rにでも焼いておくつもり。

 Windows10、現在なぜかシステム要件を最低ギリギリで満たしているにすぎないノートPCの方にインストールしてる。
 一度再起動したあとのファイルのコピー段階の処理が続いているが、めちゃめちゃ遅い。実際にインストールし始めてから1時間以上経ってると思う。


【追記5:2015/07/30】
 日付が変わってしまった。なんとかインストール終了して多少使ってみている。最初音が鳴らないのが焦ったけど再起動したら音発生。私のノートPCではスペック的にかなり厳しいわけだが、スワップが発生しているにすぎないとは思うけど、メモリには意外と余裕がありOS立ち上げの段階で見かけ上は1GB程度しか使っていない。あくまで見かけ上。しかし、すぐCPU使用率が100%になる(通常時1.0GHzでターボ時1.3GHzのDual Coreです)のは、これはもうどうしようもないと思う。
 アプリケーション類で起動しないとか今のところないので互換性はあるのかなと思う。少なくともKindle for pcやJanetterのようなものは普通に動作しているように見えた。ただデフォルトでDVDが見れないというのと関係があるのか、Youtubeからローカル保存した動画とかまったく視聴できないか、音声しか再生されない感じ。その際コーデックがないとか言われる。MP3ファイルを開くと勝手に音楽ファイルのインデックス作成作業が始まりそれだけで延々CPU使用率100%が続いた。
 そのフォルダに存在するファイルをわざと検索してもインデックスが作られていないのか見当たらないと結果表示される。エクスプローラーに「上へ」ボタンはある(Windows7にはない)。
 自作サイトは新ブラウザのMicrosoft Edgeでも動作していた。いやぁ、要はこれを確かめたかったのだけど。一ヶ月以内なら元のOSに戻せるみたいだが、完全には戻せないみたいな情報もあるようで、しかしまぁまだしばらくは使ってみることになるであろう。

 朝。しばらく時間が経って、「アラ」もやや目立ってきた。まずapache動作してなかった。あとwmv9の動画がMediaPlayerで再生できない。いずれも私の環境でアップグレードでの設定の引継ぎに失敗している部分なのだと思う。後者の問題はMediaPlayerの設定初期化みたいなことをやってもダメだったのだけど、おそらくクリーンインストールすれば解決する(もともと発生しない)のではないかと空想。
 新ブラウザのedgeは慣れると気にならないのかもしれないが、これも微妙かも。見た目を簡素化すれば簡単に操作できるようになるとは限らず、むしろ人間側の負担が重くなる場合もあるような気がする。内臓FlashPlayerに不具合(私の環境ではyoutubeは視聴できるがニコ生は画面が真緑になり見られなかった)。
 マイクロソフトがネット上で提供するサービス(MSNとかクラウドとかスカイプとか)と彼らのOSをシームレスにつなげようとしてる感じがあり、そのことが気持いいかわるいかは人によるだろう。以前もMSNメッセンジャーとかOSに付属してたけど、まだおもちゃ感があった。ITの大企業たちは人々のプライバシーにより深く緻密に関与しようとする。


【追記6:2015/07/31】
 Edgeでの自サイトの動作確認が終わったら特にはすることもなくなり、Windows7にすでに戻してしまった。
 WMPでwmv動画が再生できない不具合は7に戻した状態でも持続したが、MicrosoftのFix Itで強制的に初期化して蘇生した。この修復サービスはWindows10の状態だと利用できなかった。実行したFix Itのプログラムではライブラリなど4項目くらいが壊れているとして指摘されたのだが、こちらとしてはなにも特別なことはしてないので、環境によるとは思うが、おそらく同様の陥穽にはまっている人はある程度いるかもしれない。
 私は当該PCのHDDをパーティションで分割してWindows7とLinux Mintととのデュアルブートにしていた(SDカードに入れたMintで起動するのはだいぶ前にやめている)のだが、Windows10にアップグレードしたあと、Mint側から見えていたはずのWindows側パーティションが見えなくなった。ダウングレード後にそれが復元してくれるかどうかがかなり心配だったのだが、すんなり回復でよかった。
 MP3ファイルのID3タグの文字コードをMint用にあらかじめUTF-8に変換してあるのだが(そうしないとMint側で文字化けする)、これらはWindows側のパーティションにおいてあるため、ダウングレード後にリセットされたばかりのWMPが新たな音楽ファイルとして認識し、いま一生懸命アルバム情報をネットに問い合わせてはライブラリを構築している。むろん、すべての日本語のアルバムについて徒労であるのだが、全体に英語表記のアルバムと混じっていて止めようがなく、このまま気が済むまでやらせるほかないかなと思っている。(むろんネットからアルバム情報を取得しないようにすることも出来ます)
 その他、ほぼ実害はないんだけど、Windows7に戻したあとライブラリの『ドキュメント』や『ミュージック』などの仮想フォルダ名がなぜか英語表記になってしまった。手動で元に戻したけどこれでよかったのか?
 あと今回のこととは本質的に関係ないけど、この数日悪戦苦闘した副産物というか、数週間前からずっと「サービスに接続できません」と表示されていたデスクトップのお天気ガジェットが復活した!\AppData\Local\Microsoft\Windows Live\Services\Cache内のConfig.xmlの数値を変えて上書きしたら蘇生。もしかしたらただファイルをそのまま上書きすればいいのかもしれないけど、情報を書いていた人が数値を変えていたので一応私も同様にした。CURRENCY(通貨)の項目とかあんま関係ないような...。(要再起動)
 とにかく、多少(!?)紆余曲折はあったものの、ちゃんとWindows7に戻せたのではないかと思っている。
 しかしYahoo!知恵袋は信用ならないなぁ。


【追記7:2015/08/02】
 律儀に説明することもないのだが、「おもに」個人用メモってことで。
 のんびりしていたのになぜ急にWindows10を入れなければならなくなったかというとEdgeの動作を確認する必要が出たためなのだが、私が運営しているサイトに異常な数のアクセスをしてくるひとつのIPがあってそれのUAがWindows10のプレビュー版だったので、新ブラウザに対し何かこちらがわのスクリプトに不具合が発生しているのではないかと焦ったということなのである。プレビュー版特有の現象だった可能性も、またぜんぜん別の原因だった可能性ももちろんあるわけだが、いずれにせよEdgeの正式版で不具合がないのはしっかり確認したので、あれは少なくともこちら側の責任ではないという結論でいいと思っている(もともと複雑なことはやっていない)。
 アタックしていたとも思えないし、何だったのだろう。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

win10AD.png 今日Windowsのタスクバーの通知領域付近にWindows10の広告アイコンが出るようになって煩わしい人は更新プログラムのKB3035583をアンインストールすれば消せます。自己責任で。

 おりからの更新による不具合はこのアップグレードに誘導するため?みたいな陰謀論はさておき、ビル・ゲイツは原子力道楽してる暇があったら足下のマイクロソフトを建てなおしてほしい。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

今日の日付

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。


Powered by Movable Type 4.22-ja