2016年8月アーカイブ

 私は去年から一貫してヒラリー・クリントンが次の米国大統領になると予測しているけれど、彼女がいい大統領(あるいはアメリカ合衆国のいい時代を統治する大統領)になるとはあんまり思っていない。彼女を政治的に支持しているわけでも別にない。単に状況的に彼女だろうと、おそらく多くの凡庸なアメリカ人のようになんとなく予感しているに過ぎない。

 CBSは元々やや民主党寄りらしくスティーブン・コルベアも個人的にそんな感じで、レイトショーはクリントン上げ&トランプ下げを胸焼けがするほどにしつこく繰り返している。コメディアンが常に反権力でいなければならないわけではないだろうが、あれほど露骨に態度を鮮明にしてしまっているコルベアはいざ実際にヒラリー政権が始まったら(その蓋然性はかなり高いわけだが)どういう言論的ポジションをとる予定なのか訝しく思える。

 ヒラリーの背後には民主党を支持する素朴な民衆の大部分とアメリカ巨大資本の大部分が付いている。あと反トランプ勢力も。負けようがない。

 A wolf in ewe's clothing?


 デジャブのようだが、マーティン・スコセッシの『沈黙』は今年11月公開予定らしい。まる一年当初の予定より遅れた感じ。資金難を訴える記事もあったが、もとよりアカデミー賞狙いなので、中途半端にずれたアカデミー賞年度初めの公開で印象を薄れさせたくないみたいな感じの記事も眼にした気がする。どうしたって年末公開がタイムリーみたい。
 薬物中毒の噂もある窪塚洋介が筆頭脇役のキチジロー役らしいけれど、諸々ちゃんと出来ているのか心配。

 たぶんBivi二条で観ることになると思い、先日ムビチケのサイトで買い方を眺めていた。座席予約はオンライン前提で、これは利便性は高まってるんだろうけどユーザーの間口はあきらかに狭まっている気がする。オンラインじゃない人は同額でカード(or紙の前売り券)を買っても当日座席指定で必然的に隅に追いやられるシステム?なんでこんなやり方なんだろう。オフライン組もムビチケカードを買う時点で店員の操作する端末経由で座席予約できるようにすればいいのに。
 近年のヒット作品がアニメ中心とか若年層向けに偏ってるのはこれが一因じゃないのか。デモグラフィック的に高齢者が映画館に集まるインセンティヴは低くないはずだと思うのに、オフライン層切り捨てでは仮にアニメが多少伸びたとしても頭打ちになるに決まってる。あと前売りの割引率のようなものもムビチケシステムになってから低下しているらしい。


【追記】2016/09/04:
 訂正。
 座席指定の「お座席指定チケット」は鑑賞日当日だけではなくて二日前から前売り券と交換できるらしい。一応多少の猶予はあることにはなる。
http://help.tohotheater.jp/faq/show/119?back=front%2Fcategory%3Ashow&category_id=63&sort=sort_access&sort_order=desc


【追記2】2016/09/13:
 日本の公開時期がアメリカとはずれて、2017年になるみたいだ。最初にこのエントリーを書いた時はそこのところどうなるのかよくわからなかった。
 まだまだだぁ。

窪塚洋介&浅野忠信&小松菜奈らも出演!M・スコセッシ最新作『沈黙』公開決定


【追記3】2016/09/29:
 またまた情報が変更。
 下記英国メディアの記事の文意としては、2017年アカデミー賞の権利取得のため(アメリカで)今年12月23日に限定公開して、翌年本格公開するみたい。要はまたずれ込んだ。このエントリーの最初の11月公開の情報はGoogleによる(映画タイトルを検索すると公開時期が表示される)ものから引いたと思う。
 それにしても本作は制作でのトラブル多発から始まって相当ドタバタしている。まだまだわからない、かも。

Martin Scorsese's Silence will open in time for awards run


 最近英語学習が文法に回帰して文法書みたいなものを幾つか読んでるんだけど、"sun"に定冠詞がつく理由についてネイティヴと予備校教師でぜんぜん違う解釈を与えていてげんなり。前者は、我々の太陽は宇宙にたくさんある太陽(恒星)のうちのひとつだからtheがつくと述べ、後者は単に太陽は唯一無二だからtheがつくなどと説明。
 しかし双方ともその解釈の出典はない。
 Sigh.

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 Windows7の8月10日のアップデートを当ててからだと思うのだが、ホームグループでつないでいるWindows7機AとBで、片方を再起動したらもう片方で実行中の通信が一旦強制遮断されるようになった。ググるとそれっぽいことを言っているブログエントリーが2011年の時点である。

Windows7の通信が時々止まる

 アップデートに付随して「持病」再発?
 また類縁すると思われる現象として、スリープやディスプレイ明度の調整など電源管理まわりでアクションが起こっても通信に強制遮断が起きている。環境によるかもしれないので一般化は避けるが、場合によっては阿鼻叫喚も予想される。
 デュアルブートにしているLinuxから同じPCを立ち上げた場合は通信の遮断は起きていない。


【追記】2016/08/13:
 さっきホームグループで繋いだ状態で両者を代わる代わる再起動してみたが、もう一方の側の通信は一向に途切れなかった。特別なことはしてないのでふいに理由もなく安定してきた感じで「?」だけど、もしかするとアップデート直後(あるいはその初期)のホームグループのネゴシエーションでWindows7が一回的になんかしてたのかもしれない。例えばホームグループ設定のセキュリティ面での初期化のようなこと?
 なにがなにやらわからないけど、専門家じゃないから深追いしても仕方なし。
 サーバ屋さんとか大変だろうな。OSもハードも自分で作ったわけじゃあるまいし。VPSが安いのは、自己責任でなんとかしてね、ってところがあるからだろうなぁ。


【追記2】2016/08/25:
 あれから一回だけだが通信の遮断があったので安定しきったとまでは言えないが、ましになっているとは言っていいだろうと思う。状況から考えてホームグループ処理の周辺が怪しいと今なお思っているのだが、ホントに原因の範囲が特定されているわけではないことも想起しておきたい。
 いずれにせよ、9月のアップデートで収まって欲しいが、今般のマイクロソフトがWindows7の保守に力をいれる動機は希薄だと思うのであまり期待できない面もある。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 AMAZONを介して注文したのが7月29日。
 中国郵政の荷物追跡システムのページで調べると(テキストエリアに伝票番号を貼り付け一時パスワードを入力して2つあるうちの左のボタンを押す)、現在以下の様な状況らしい。

2016-08-03 19:58:18 【广州国际函件运营中心】已收寄
2016-08-03 23:57:12 【广州小包大宗收寄处理中心】已封发
2016-08-04 00:12:40 离开【广州小包大宗收寄处理中心】,下一站【广州航站】
2016-08-04 09:03:28 【广州互换局】已出口开拆
2016-08-04 13:47:14 【广州互换局】已出口直封

<機械翻訳>
2016-08-03 19:58:18【広州の国際手紙運営センター】はすでに受け取って郵送します
2016-08-03 23:57:12【広州の小さいかばんの大口収寄処理センター】はすでに封発だ
2016-08-04 00:12:40は【広州の小さいかばんの大口収寄処理センター】、次の駅を離れます【広州が航行して立つ】
2016-08-04 09:03:28【広州の交換局】はすでに輸出し始めてはずします
2016-08-04 13:47:14【広州の交換局】はすでに輸出してずっと閉じます

 今日は6日だがまだ広州付近(香港辺りの税関とか)でウロウロしている可能性もある。仮に船便だと航行だけでもさらに3日プラスという感じらしいが、それより問題なのは船だと「荷物がたまるまで待つ」らしいこと。それだと一ヶ月とかありうるみたい。
 航空便であって欲しいが、購入時に送料無料だったのでかなり怪しい。
 インドは5日で届いたのになぁ。
 届く頃には夏が終わってしまうかも。

【追記】2016/08/07:
 尖閣周辺が物々しい。一般物流に影響あるのかな。

「尖閣海域 中国船240隻 仲裁裁支持の日本に反発」 毎日新聞2016年8月6日 22時56分(最終更新 8月7日 01時24分)


【追記2】2016/08/08:

2016-08-07 23:37:00 到达【日本川崎】互换局
2016-08-07 23:38:00 【川崎】移交海关
2016-08-08 09:00:00 【川崎】移交海关

<機械翻訳>
2016-08-07 23:37 交換局の「川崎日本」へ
2016-08-07 23:38「川崎」税関の転送
2016-08-08 9:00「川崎」税関の転送


【追記3】2016/08/09:
 中国郵政の伝票番号が日本郵便の追跡サービスで検索できたことが判明(もちろん提携分のみだと思われる)。それで、現在荷物は京都の郵便局に到着しており、明日10日に配達されることが確認された。
 てことは、注文から約二週間て感じか(インドは5日)。
 明日うまく受け取ることができるかなぁ。


【追記4】2016/08/10:
 今日中にうまく受け取ることができた。まぁ普通のリュックだけど、前のよりやや丈夫な素材かもしれない。あとリュックにおまけみたいな小物入れのようなものがひとつついてくることは知っていたのだが、それがなぜか3つも入っていた。在庫処理?倉庫代が払えない?供給過剰?中国バブル崩壊???
 しっかし、二週間もかかるようでは中国発の商品は今後二の足を踏まざるをえまい。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

今日の日付

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。


Powered by Movable Type 4.22-ja