身辺雑記のブログ記事

 この数日だけ(?)ひどい猫舌だった。沸かしたてのものは5分以上は冷ましていた。猫舌というか、厳密には下唇と口腔の境界線が割れた感じで熱に過敏だったのだが。口内炎?


 As Elizabeth's treatment wound down, she met less regularly with her doctor, yet still had to contend with other important people in her life. She fought with her brother, who refused to own up to his drug problem. He accused her of being "uppity" of "using her new psychological crap as ammunition." They argued bitterly over the lack of communication within the family. He told her that even after all the "shrinks," she was still "screwed up." She fought with her mother, who remained demanding, complaining, and incapable of showing her any love. She contended with her husband, who professed his love but continued to drink heavily and criticize her desire to pursue her education. He refused to help with their son and after a while she suspected his frequent absences were related to an affair with another woman.
 Finally, Elizabeth began to recognize that she did not have the power to change others.She began to accept them for who they were,love them as best she could, and go on with her own life. She recognized the need for new friends and new activities in her life.Elizabeth called this "going home."

 エリザベスの治療が終わりに近づいてきて、医師との定期面談も減っていたけれど、彼女は彼女の人生上の重要な人々と戦い続けていた。彼女は、そのドラッグ問題を認めようとしない兄[弟]と戦った。彼は、『新しい心理学のがらくたを攻撃手段として使う』彼女の『生意気な』態度を槍玉に挙げた。彼らは、家族内でのコミュニケーションの欠如について激しく口論した。彼は、彼女が全部の『治療』が終わったあとでもなお『ダメな』ままだと言った。彼女は、依然ガミガミ言って、不平を並べ立て、これっぽっちの愛情を表現する能力もない母と戦った。また彼女は、愛を公言しはするが大酒し彼女がさらなる教育を欲していることを非難し続ける、夫に立ち向かった。彼は彼らの息子の面倒を見ることを拒絶したが、しばらくして彼女は彼の頻繁な不在がほかの女性との付き合いと関係していることを疑った。
 エリザベスは、ついに、彼女が他者を変える力を持たないことを認め始めた。彼らをあるがままに受け入れて、できるだけ愛し、そして自分自身の人生を歩み始めた。彼女は、彼女の人生に新しい友達や新しい活動が必要であることを認めた。エリザベスはこのことを『帰郷』と呼んだ。

img177.jpg 私がメンタルヘルス方面に興味を持ったのは複合的な理由によるものなのだが、そのうちのひとつに特定の身近な人間がよく理解できなかったからというのがある。それについてここで詳しく書くつもりはないが、私が乏しい知識をもとに最初にある程度限定した形で疑ったのは境界例だった。境界例に関する和書は近くの書店や図書館にあまりなく、私は同時代の古典ぽかった"I Hate You, Don't Leave Me"を、稼動し始めてからまだそう年月の経っていないamazon.co.jpで買い、1ページに何度も辞書を引きながら読んだ。語彙力が乏しかったのでどこもかしこも書き込みだらけだが、昨日あたりそれをなんとなくパラパラめくって読み返していた。なつかしいようななつかしくないような。私の最初の思い込みは、今となっては、当たっていたとも外れていたとも言える感じだろうか...。とはいえ、昨今ある種の目覚めが到来した感じもする。
 自ら変わろうとしていない人を変えることはきわめて難しい。また仮に自ら変わろうとする人であっても、本当の土台部分はそうは変わらないかもしれない。三つ子の魂じゃないが、偏りのある人間は偏りのあるままどこまでも生きてゆく?
 画像の中に出てくるSETシステムというのは、Support(サポート), Empathy(共感), Truth(真実),からの頭字語で、境界性人格障害に対するもう何世代も前の素朴な対処法。今は当人に対する薬物療法に重きが置かれて、こういったことはあまり聞かれなくなったかもしれないが、どうなのだろう。
 それにしても、私の英語力は...。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 別ドメインのCGIサイトをWEBスライスに対応させようとして立ち往生。スライス内のリンクは、内部リンクのようにしか機能しない仕様だったのだ。ほぼ完成というところまでそれに気づかなかった。外部リンクをまとめたものを小窓で表示できれば便利かなと思ったのだが、もともと機能しないのでは意味がなかった。厳密には内部というより単一ホストにしかリンクが利かないという感じなので、開発途上で一見うまく動作しているように見えたのが罠だった。その後マイクロソフトの仕様ページに、

「代替表示ソースを使用すると、Web スライス プレビュー内のすべてのハイパーリンクの移動先がプレビュー ウィンドウ内になります。」
の一文を発見...。
 Web スライスが普及しない原因はこのリンク制限ではないのか?

 某血液検査で白血球の値が少し高かったわけだが、これは何らかの炎症が起こっていることを示したりするわけだけど、私の場合胃炎であると思われる。過去の半日ドックでも慢性胃炎の診断を受けたこともある。内臓と皮膚はつながっているなどと言うが、思い返すと春に肌荒れがあったのも、原因はこれで(も)あった可能性が高い。風邪気味でずっと風邪薬を飲んでいたのと、カフェイン飲料。私はアルコールはもともとそう多量には飲めないのだが、つまみを食べない傾向があり、あの時もそんな感じだった気がする。
 それで現在カフェインとお酒を控えたりしている。生活習慣の改善。お酒を飲まないのは苦痛じゃないが、お茶・コーヒーは多少は飲まなきゃやってられないので、できるだけ同時に少し何か食べることにした。風邪は引いていない。

 'Kindle for PC'の出来がずっと良くない。基本的に通信部と表示部で成り立っていて、プロが作るアプリとしてはそんなに複雑・高度なことはしてないように思うのだが、いまなおバグだらけである。AMAZONのプログラマ達は特にハイライト機能やメモ機能で悩んでいるようである...??
 前々回までのバージョンはウィンドウの切り替え時に最大化してしまう謎挙動等があった。そして今年はじめの前バージョンではそれが緩和された印象はあったが、日本語(たぶん2バイト文字全般)によるメモ機能が著作によっては利かなくなっていた。で、今回6月3日にアップされた最新バージョンではそのメモ機能が利くようになった代わりにハイライト機能がダメになっている。
 この'Kindle for PC'をおそらくは世界の数百万だか数千万だかの人々が使っていると思うとめまいがする感じだが、なんでこんなに出来が酷いままなんだろう?Kindle本体を買わせようとする底意があるのでは、と勘ぐれなくもないが、Firefox等のアドオンとして動作する'Kindle Cloud Reader'はそこそこ完成度が高く、オンライン環境ではほとんど申し分ない動作なのである。だから事態の起源は、わざとソフトウェア系のKindleの完成度を低くしてハードのKindle本体を売ろうとしているからでもなければ、単にAMAZONのプログラマの低レベルによるものでもない可能性がある。
 むーん...。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 2月の初旬からずーっと風邪を引き続けているのだけど、おそらく何度も引き直しているのだと思われる。『バカは風邪を引かない』などと言うが、引きすぎる方がもっとバカであることは疑いえない。それで、このところ暖かくなってきてようやくこの風邪のメビウスの輪から逃れられそうな気配になってきた。少なくともはなみずはほぼ出なくなってきた。なんとか完全脱出を願う。

 ミッション系大学の定義とか、なんかぜんぜん理解していなかった。ミッションスクールとミッション系大学は別の意味を持っていて、たとえば同志社も平安女学院もミッションスクールではないのだがミッション「系」とは言えるらしい。こないだのエントリーで間違ったことを書いてしまったので直した。

 別のドメインで運用しているCGIスクリプトにきわめて初歩的なバグを複数発見。あわてて修正。記憶をたどると、一度機能を総点検してバグを全部出したはずだが、その直後に多少機能変更した際に付随する形で新たなバグを発生させてしまったようだ。その初歩的なミスを含んだままで、一年以上も運用し続けていたことになる。ずっと自分自身も利用していたのにいったいなぜ気付かなかったのかと思うが、自分が使う方面の機能については問題がなかったのである...。

 ホストアドレスtkl.iis.u-tokyo.ac.jpが何をしているのか気になっている人はだいぶ前からいるみたいだが、昨今私も気になっていた。上記CGIスクリプトの方にほぼ毎日大手検索エンジン並みのアクセスを寄こしてくるのだ。ホスト名から単純推察するに、おそらくhttp://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/からのアクセスだと思うのだが、表示されるWEBページは「喜連川・豊田研究室」とタイトルされていて情報処理系の研究をしているようだ。クローリングの技術開発蓄積したWEBアーカイブによる社会分析等をしているようだ。

 少し前にネット上のどこかでマルちゃんの「正麺」という袋インスタントラーメンが新製法でおいしいと話題になっているのを見かけていたのだが、その時点ではさほど興味もなかった。だが、どういうわけか近くの大型スーパーで、いつ行っても棚の段ごと全部売り切れているので、『そんなにか?』と次第に興味が募ってきて、昨日別の店にあった塩味ととんこつ味を買って、午後に塩味の方を食べてみた。たしかに、インスタント麺なのに出来上がりがかなり生麺のそれに近いような気はした。しかし、逆に言えば普通に生めんをゆでたのよりやや劣る。それと付属のスープが胡椒の印象だけでうまみ自体が薄い気がした。麺を湯がかなくていい分生麺タイプよりひと手間少ないとは言えるのだろうけど、従来の袋インスタント麺よりは少し高く、なんか微妙な位置取りの商品だと思った。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

CIMG1156.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

kindle.png 邦訳がない書籍をAmazon.com で購入しKindle for PC を使って読んでいるのだが、無料辞書が付いていたり異種デバイスに移し変えられたりで便利は便利なのだろうけど(書籍価格も割安だし)、やはり長時間になってくると眼が疲れるかもしれない。今風邪を引いているということも多少関係があるのだろうけども。
 それにしても、英語自体もうちょっと速く読めるようになりたいものだが、読む速度は語彙力と直結する問題なので、一朝一夕には事行かない。拾い読みとか飛ばし読みで速いのはある意味当たり前だが本来じゃない。
 職業として英語を教えている姉が英検一級でTOEICほぼ満点という人なのだけど、遠いなぁ...。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  
CIMG0768.jpg
CIMG0774.jpg
 参道下から本殿に到達するまで約40分もかかるほどの長蛇の列だったのであり、それなりの人出であった。行列でのろのろ行進している最中、たまたま私の直後に割り込もうとする家族連れが現れその一部始終が面白かったのだが、私は私で、お御籤を引いた時に漢数字の「四」が分からずに、周囲に教えられるもなお分からず、恥をかいてしまった。「目」を横に倒したような書き方がしてあったのだ。
 下の写真は本殿前の人ごみの中から腕を伸ばして撮ったのでやや傾いてしまった。
| コメント(0) | トラックバック(0) |  

CIMG0608.jpg 五山の送り火のひとつ東山の大文字を、ちょうど点火の辺りから見ることが出来た。京都御所から大文字を見るのは二度目で、人出は前回とそう変わらない感じか。見物人は老若男女様々だけれど、かなり本格的な撮影機材を持ち込んでいる人、文化財の建物の壁に近付きすぎて警報を鳴らしてしまう人、和服の女性に浴衣の子供たち。前の記憶とオーバーラップすることが多くなんだか懐かしいような光景に感じられる。
 火が点き終わるまぎわに人々が逸って立ち始めた時、「前の方座ってください」の声が三脚の並んだ方面から幾度か飛んだが、あまり従う人はいなかった。
 何年か前、西大路通りと北大路通りの交差点辺りから西側の左大文字を見物したこともある。やや早く着いてしまったのでどんどん文字に近寄っていったら、鉦や太鼓を打ち鳴らし何か詠唱しながら火を点けているのが分かった。送り火を遠くから眺めているだけでは分からないことだった。
 今回の京都御所では、デジカメが夜景モードにしても露出が出ず全然うまく撮れないため四苦八苦。ちゃんと燃えているのは一時間もないので、とにかく設定を色々変えてシャッターを押しまくる。結局八割方ダメだったが、何とか見れなくもない(?)一枚をこれに。めったに使わない動画モードでも撮ってはみたのだが、帰って再生してみると中央に微小な画素欠けのようなものを発見。うーむ、買ってからまだ一年位なのだが、元々だったのだろうか。静止画には影響を与えないようだ。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 注文していたWindows7その他は昨日届いたが、夕方過ぎからインストール作業を始めて、当初かなり順調でOSからドライバのインストール辺りまで2時間も掛からない感じだった。なんだ拍子抜けだなと思って程なく、光としてはネットの通信速度が異様に遅いことに気づいて、ネットワークアダプターの「チェックサムオフロード」がそれの原因であることを突き止めるまでに1時間以上はかかってしまった。「チェックサムオフロード」が過重だということはIPv6に関してなら検索の目立つところに出てるのだが、私の場合IPv4関連のものも無効にしないと依然きわめて遅いままだった。CPUを使ってるわけでもなし、チェックサム自体の重さがどうとかいうより、何かルーターとの相性みたいなものではないかとも思うのだが。
 あと、早い段階で躊躇なくIE9を入れてしまったのだが、これがバグだらけであることに気付くまでも小一時間掛かってしまった。バグはいろいろあると思うのだが、IE9だとこのブログ(MT4)の管理画面で記事が表示されなかった。あとデスクトップにインターネットショートカットを作ろうとすると挙動がおかしくなる。ツールバーアイコンのホームがなんかの拍子に消失する現象。また、IE9をアンインストールしIE8に戻したらガジェットのカレンダーが蘇生した(それまでの間ただのオレンジの四角形だった)ので、その原因もIE9であろう。
 まだ全部片付いてるわけじゃないのだが、BIOS分岐のデュアルブートも成立してるし、32bitベースのソフト類も細かい問題があるものもあるがそれなりに何とかなった感じ。あとはあんまり急がず進める。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 予てより迷っていたWindows7SP1の64bit版だが、一昨日ネットで注文・支払いした。今日か明日辺りに届くかもしれないのだがなんだか不安だ。ドライバ類や普段使っている基本的なソフト類が動くかどうか一応ひととおりはネットで調べてあるのだけど、実際どうなることやら。
 購入したのはDSP版で併せてハードディスク等も買ったので(DSP版は何かハードウエアとセットでなければ買えない)、その新ハードディスクに64bitOSを入れて、32bitのシステムは既存ハードディスク上にそのまま温存しようと思っている。データ類はドライブ相互にやり取りできるはずだし。BIOSで起動ハードディスクを切り替える方式のデュアルブートになる。何か不具合があっても、しばらくは簡便に古いシステムに戻れるようにしておきたい。
 果たして目論見どおりうまくいくやいなや。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 今夕、やや大きめの買い物袋をさげた二十代後半から三十代前半辺りの男性のだいたい5mくらい後ろを歩いていたのだが、イヤホンをしたどこかの高校生が自転車でさっと私を追い越して行ったと思ったら、眼前でその男性の主に買い物袋にぶつかった。両者にらみ合うような格好で数秒その場に立ち尽くしたけれど、ぶつかった側の高校生に謝る感じが全然なく(ぶつかったこと自体本人にはっきりした自覚がないようでもあった)、その態度にカチンと来たらしい男性側が自転車を軽く蹴ったところから、もみ合いのような口論と喧嘩が始まった。高校生はただ自転車を蹴られたことに激昂していて、もとより男性側は自転車をぶつけられたことに怒っている。埒が明かないとはこのことだが、「逃がせへんぞ!」「住所どこや!」等と言い募るのは高校生の側で、自転車をぶつけられた男性側が、見切りをつけたと言うべきかどうか、追いすがる高校生を振りほどいて逆方向に走り去る結末となった。
 歩道をせき止めていた原因がなくなり、私を含む「強制」見物人達は、なお憤慨している高校生を尻目に歩き出したのだが、一団としてなんとも妙な雰囲気であった。
 高校生の激昂までのプロセスには反動形成的な面もあったかもしれない。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja