思いつくままのブログ記事

 このところギリシャ神話を読んでいる。神話はおどろおどろしい面もあるのだが、なんだか癒される。中世的な「モラルの薄雲」が空を覆ってしまう以前に描かれた物語群には人間の欲望の原像が描かれているだろう。

 あとオペラの「魔弾の射手」をDVDで観た。道具立てが現代風に弓矢ではなく銃に置き換えられていた。恋人アガーテに向けられた弾丸が隠者(修験者?)のまじないによって避けられるが、みわざあるいはしるしと言うべきか、キリスト教的な仕掛けとして捉えていないと、こんな簡単に避けられるものの何が魔弾なのかと思ってしまうかもしれない。
 歌唱の巧拙というものは残酷で、処女アガーテはほとんどおばあさんみたいな歌手が演じているのだが端役・脇役より明らかに歌が上手いので認めざるを得ない。脇役でも登場機会の多いひとりの中年女性歌手は準主役級とも言うべき感じで、それなりの評価を得ているのだろう、単独で歌うシーンもあったのだが、客からブラボーを貰うことはなかった。特に技術を要求される箇所になるとどうしても微妙によれてしまう。それはおそらく更なる訓練で克服されるような種類のものではなく、つまりは彼女は彼女の人生を歩んでゆくほかないのだと思われた。誰でも自分の限界の中で生きて行かざるを得ないものに違いないが、舞台芸術の共時性はそのことをあからさまにするかもしれない。

 今使っている私のデジカメEXS12は撮影モードが(オートとかマクロとか人物とか夜景とか含め)全部で42種類あるみたいなのだが、普段使っているのは5~6種類くらいのもので、他のモードについてよく分かっていなかったのが今回の敗因だ。もはやあとの祭りではあるが、どうも「高感度」モードというのにすべきだったようで、事後に試し撮りしたらそこそこうまく撮れた。なぜだか分からないが夜景モードは使える明るさのレンジが狭いようだ。オートも夜景に弱い。
 しかし、セピア色の室内風景のアイコンと「高感度」のイメージはあまり結びつかないと思うのだが。どうなのか。前のデジカメは全部オートで夜景もわりと手軽に撮れたと思うんだけどなあ。普段撮りのデジカメは撮影モードを多くするよりオートの性能に気を使って欲しい。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

CIMG0587.jpg 今年も山鉾巡行が近付き、すでに数日前から山や鉾がそこここに待機している。写真は奥が黒主山で、手前はここぞとばかりに自己宣伝に努める帯屋(?)の展示染物。このところ連日35℃程度まで気温が上昇。


 ノースロップ・フライとは(綴りも違って)何らの縁戚関係もないらしいイエール大学フライ教授の講義動画は、YouTubeですでに半分くらい視聴した(or字幕をなんとか読んだ)のだが、この人物なかなか曲者というか、黄色人種やユダヤ人、非キリスト教徒(?)に対して何か胸に一物あるのではと疑わなくもないわけなのだが、いわゆるデリダ登場の衝撃が生み出したイエール学派のまさに震源地に長く居たということもあり、講義内容はなかなか面白い。デリダ自体とは微妙な距離感で(やや嫌ってる?)、むしろイエール学派の元締めであるポール・ド・マンの方をこそ崇拝している感じかもしれない。
Introduction to Theory of Literature with Paul H. Fry.jpg さきの自作のCGIスクリプトを使ってダウンロードした全26回分の講義の字幕を整理してまとめ、表紙や目次をつけ、それっぽくPDFの電子書籍のようにしてみた。結局全体で200ページ(80万字位)になって、おそらく平均的なペーパーバック一冊と同じくらいの文章量になっている。講義によっては曜日が違ったりしている感じの発言も中にあり、シラバスとしてどうなっているのかよく分からないのだが、量的に見て通年の講義と同等であろうと思う。文字に起こしてくれているのは学生アルバイトとかなのだろうか、たまに間違いがあったりするのはご愛嬌。
 一口に日本の大学の文学理論の授業の水準と言っても、かなり幅があるに違いないけれど、たとえば小説風に大学の文学理論の講義風景を紹介した筒井康隆の『文学部唯野教授』などと較べると、格段に(主観的に最低2レベルくらいは)フライ教授の講義の方が勝っているような気がする。教える側だけでなく学生の質が高いということもあるのだろうが、ただフライ教授は突然フランス語やラテン語で喋り始めたりして(学生たちはああいう箇所を理解できているのか??)、私などは困惑するばかりになるのだけれど。
 直接関係ないのではあるが、かなり以前、慶應SFCがネット上に提供する濱田庸子教授の『パーソナリティ発達論』を自分として熱を入れて視聴していたことを思い出した。私が視聴していた頃はメールアドレス登録制だったと思うのだが、今は誰でもアクセスできるようになっているようだ。ただし、この当時のストリーミング動画の形式は古いリアルビデオなのでやや注意が必要。私は濱田教授の講義3期分を見通し、更にそれらをファイルとしてローカルに落としてDVD-Rに焼いてすらいる。あと、慶應SFCは、コンテンツ開放前提で特に自前のサーバに固執する理由がないなら、YouTubeに専用ページを買った方が安いしバックボーン的にも機能的にも充実すると思うのだが。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 GW明けに採血される機会があったのだが、担当の年配看護婦が技術的にかなり下手で、その傷跡がまだ消えない。針を入れた時点で不必要に針脇に血が出ていたのだが、引き抜く際に近傍の皮膚を傷つけたため更に5cm近くも筋状に出血。一見して血まみれになった。

 保険証を忘れて受付で延々ごねている人足風の初老男性。「ルールは破るためにあるもんやろ」等々。

 なんだか早くも梅雨みたいな気候になってきた?

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 近場の桜はほぼ散ってしまった感じだが、山際だとまだ咲き始めのところもあるようで、見頃が長くていいといえばいいが、なんだか寒い春である。ずっと風邪気味。

 英文拙訳の「スプリッティング」は訳し直すのが面倒、というかあまり厳密にしようと思うといたちごっこになる可能性があると思えるので、今は旧版のどうしても間違っていると思う箇所に控えめに訳註を入れておくことにした。何日か前にどこかにURLが貼られたのか急にアクセスがあがっていて慌てたのがこの再訳ムーヴメントの私的起源である。新版もWikipediaとしてそう代わり映えのない感じなので、再訳を更新するかどうかは未定。訳は元記事以上にはならないので際限がない。

 Windows7対応の純正メールクライアントはオンラインからインストールするように限定されてるみたいで、仮に何らかの理由でネットに接続できなくなったPCで、更に当該メールクライアントも壊れてしまっている場合に、保存してあるメール内容の閲覧や印刷もできない状況がありえるのではないだろうか。ローカルだけで復旧できない?

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 I-TUNESでFOXNEWSを聞いていたら、福島原発の話題のあとCMに行ったのだが、CM枠直後に歴史トピックのようなものが挟まれて、偶然なのかわざとなのか、真珠湾攻撃に対する当時のアメリカ側の反応の記録音声が流された。
 キリスト教圏では今回の災害が"APOCALYPSE"と表現されたりしてキリスト教的な因果応報として理解されている面があるが、特にアメリカ人の内心にはそれに加えて愛国精神を誘因とするある種のカタルシスも発生しているように思う。実のところ、三陸の光景を、例えば一面焼け野が原と化した過去の広島や長崎の光景に(無意識的に)重ね合わせているアメリカ人は少なくないのではないか。宗教的必然による勝利として。
 日本のマスコミは米軍の協力を強調しようとするが、米軍にしかできないことがどれだけあるか疑わしい。また少なくとも人員不足を補っていると言えるのかどうかもよく分からない気がする。一応同盟関係ではあるらしい。
 ニューヨークタイムズに載っている福島の放射線量に関する時系列グラフに、日本政府が発表しない情報が含まれているとして、色々憶測が飛び交っているようだ。鬼の首を取ったようなことを言っている人もいるが、このグラフの元ソースは東京電力の測定データで公開されている。ドイツやノルウェーによる放射性物質の飛散予測シュミレーションの仮説性や、アメリカ政府の在日アメリカ人への退避勧告範囲の根拠が予測値であるなど、データの出所と質への見極めが大切だ。
img314.jpg 最近、中韓やロシアが先の放射能汚染水の放出が自分たちに無断で行われたことに不快感を示したりもして、日本政府に対する海外からの風当たりが微妙に強まっている感じがあるかもしれない。海流的には中韓やロシアよりも当事者に近いと思われるフィリピンや台湾は、放出された水の汚染濃度が低レベルだとして穏便な反応であるようだ。最も影響があるかもしれないアラスカや太平洋島嶼群を持つアメリカには事前に承諾を得ていたことが報道されている。と言うか放出はむしろアメリカ側からの提案(命令?)に近かったようだ。海流を横断・縦断して広く回遊する魚もいるので海流だけ見ていればいいわけではないだろうが、EEZに近接するロシアはまだしも中韓の反応はやや奇異だ。いずれにせよ、日本に対し積極的な野心を持つ国々は、今回の震災に対して一応の儀礼的弔意は表しながらも、鵜の目鷹の目で付け入る隙を狙っているのだろう。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 就職用の願書あるいは履歴書という意味での"Entry Sheet"は英語として存在しない。願書の場合は"Application"で、履歴書の場合は"Personal History"や"Curriculum Vitae"、"Resume"などを使う。ちなみにスポーツ競技会などへの参加申込書でも"Entry Blank"を使い"Entry Sheet"などとは言わない。
 すでに常識化してしまっているのは承知だが、この得体の知れない和製英語がいつどこから何の必要で出てきたのか多少不気味だ。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 元々最高時速80キロしか出ないはずのおんぼろ自動車の運転手が、なぜかアクセルと同時にブレーキを踏みながら「この車は本当は時速200キロは出るんだけど今はブレーキを踏んでいるからこんなにのろいんだ」と奇妙な見栄(?)を張っている。これはアルコール嗜癖者のパーソナリティのあり様に、割とダイレクトに置き換えられると思う。つまり上の話のブレーキが、そのままアル中者にとっての飲酒なのだ。
 故意にブレーキを踏み続ける限りにおいて、みすぼらしい(とあくまで本人が思う)正体を隠しおおせていると(あくまで本人が)信じることができる。ある意味、頭隠して尻隠さずみたいな話で、理想化された内容を他者が信じることは実際あまりないとしても、否定されえない曖昧な部分に依拠して当人が幻想を保つことができればそれでいいのだ。アル中者の「本当の自分はこんなものじゃない」「今は手を抜いているだけなんだ」式のほのめかしや雰囲気作りひいては生活態度は、かなり共通するもののように思う。彼らは決して理想化された「本当の自己」を実践的に証明しようと試みたりはしない。認めたくなくても現実が最高時速80キロなのは経験的に分かっているので、あえて自らにブレーキをかけて正体をくらませ(ているつもりになり)ながら、どこまでも空想をほのめかすだけなのである。
 甘い幻想から醒めないために、幾らかでもブレーキを踏んでいなければ進むことはできない。
 これはむしろ過度な嗜癖者の全般に亘って出現しうる特徴とも思われるが、アルコール嗜癖が分かりやすい。ただ嗜癖者でなくとも、局所的・一時的になら誰でも経験する弱さ、人間の滑稽さであるかもしれないが・・・。
 自己に対する'Devaluation'。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 芸人等のチャリティーイベントがただの売名や便乗商法でありえないのは、チャリティー対象の禍害が世間に周知されていないか周知されても無関心な場合だけだ。今回の震災は徹底的に周知され且つ非常に高い関心を呼んでいるので、芸人側がごまかせる余地が極めて少ない。例えば、元々自発的に寄付するつもりの人々をイベントに集めてそれらの金を一塊にしたところでマクロ的な募金額の増加には寄与しない。単に彼らの寄付の実行に伴って時宜に適わぬお祭りをしているだけということになる。現状ではチャリティーイベントをやってもそれに近いだろう。
 今は単純に募金を催促するだけのようなやりかたが最も反発を生まないと思う。オークションやライブコンサート等に絡ませると、それら物品や娯楽などの見返りがない形での(本来的な)寄付を拒絶した痕跡のようにもなり、金が汚れる。
 自粛ムードでシュリンクする経済活動の活性化に僅かながらでも寄与するという考えもあるかもしれないが、それなら敢えて通常の営利舞台をやればいいだけだ。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

 緊急時に人々が一致結束しているのを全体主義になぞらえ恐怖するのは適当ではない。

 初期のヘリコプターからの散水について、ミスト状になるのは分かりきったことで、極めてデモンストレーション色が強いと思っていたのだが・・・。
政府筋「東電が米支援は不要と」...判断遅れ批判
>ヘリによる海水投下に先立ち、(中略)米側は、「まず日本側がやるべきことをやるべきだ」などとして、再三にわたり日本側の行動を強く要請していた。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

CIMG0493.jpg 昨日やや派手に誤嚥してしまいなんだか体調悪し。誤嚥性肺炎の心配はないと思いたいが、今のところ胸やけに似た感じで気分が勝れない。

 正式版が出たのでFirefox4にしたらJavascript系の処理が格段に速くなったようで、よほど凝ったページ以外は殆ど一瞬で切り替わるようになった。グラフィック表示にハードウェアアクセラレーションを使うようにもなったようだ。個人的にブラウザキャッシュをRAMDISKに入れているのも功を奏している感じか。体感的にかなり速くなった。

 なんだか中央図書館に行く度に募金している。

 被災地の或る老人ホーム関係者がNHKの生放送インタビューで窮状をかなり誇張して訴えてしまった話を、チャンネル桜が伝えていて、興味深かった。単独性-共同性。

 日本語で「初めまして」を意味するとされる英語"How do you do?"だが、改めて、奇妙な表現だ。やや距離をとって探りを入れてる感じに近いのだろうか。"Nice to meet you."の方が自然だし実際によく使われるようだが。

| コメント(0) | トラックバック(0) |  

今日の日付

広告

月別 アーカイブ

※随時加筆修正する場合があります。

※コメント・サインイン用のOpenIDは、GoogleYahoo! JAPANmixiはてなlivedoor等のアカウントに、あらかじめ付属しているものがあります。

Powered by Movable Type 4.22-ja